1874年、フランスの有名な彫刻家であるフレデリック・オーギュスト・バルトルディは、政治思想家のエドゥアール・ド・ラブレーから、米仏関係を記念する記念像の設計を打診された。 フランス・パリ出身のド・ラブレーは、かつて「自由の女神の父」と呼ばれていたが、フランスとアメリカの強い結びつきを望み、フランスはアメリカの敗北と勝利から学ぶことができると考えていた。自由の女神は、アメリカ100周年を記念してフランスの人々から贈られたものです。
この時期、バルトルディの故郷であるアルザスは独立を失いました。このことがきっかけとなり、バルトルディはアメリカを代表する象徴的な人物になるものをデザインする際に、自由をデザインの一部にしようと決意しました。バルトルディはこのような記念像をデザインするのは初めてではなく、彼はフランスのベルフォードにある「ベルフォードのライオン」をデザインしました。彼はまた、ワシントンD.C.のBartholdiの噴水や、ニューヨークのマンハッタンのユニオンスクエアにあるラファイエット侯爵の像も制作しました。

その後まもなく、バルトルディは他の9人の請負業者と一緒にこの像の設計と建設に携わりました。彼らはまた、フランスの有名な「エッフェル塔」を設計した同じチームの一員でもありました。

100万フラン以上の寄付金が、この像の資金調達に一役買いたいと考える企業から寄せられました。1880年7月4日、像はフランスのパリでフランスの大臣に贈呈されました。

像が建てられる前に、バルトルディはニューヨークのベドロー島を訪問した。この島はニューヨーク湾のアッパーに位置しています。この島は国立公園局によって運営されています。島は米国公園警察が24時間体制で警備を行っており、安全性が高い。像が立つ65フィートの台座の費用を米国が負担することが合意されました。30万ドルの資金が集まり、1886年10月、ニューヨーク州と世界に自由の女神が贈呈されました。

ベドロー島は1667年にIssac Bedlow氏に売却された。彼が所有していた間、ベドローはニューヨーク市にこの島を天然痘患者の検疫所として使用させた。1732年、島は商人に売却され、後に夏の住居として使用された。

1884年に建設が開始されましたが、完全に完成したわけではなく、1886年10月28日に世界に公開されました。1956年に議会がアメリカの一部としました。