自由の女神像の中ではバックパックや食べ物は許可されていますか?

像の台座とクラウンエリアにアクセスする前に、バックパック、食べ物、飲み物を持ったすべての訪問者は、安全な訪問者用ロッカーにこれらのアイテムを入れなければなりません。ロッカーはセキュリティテントエリアに設置されており、2ドルで借りることができます(現金のみ受け付けています)。

リバティ島は車椅子でも利用できますか?

リバティ島の敷地内は車椅子での入場が可能です。モニュメントへの入場予約をされている方は、館内とフォートウッドの外観に車椅子での入場が可能です。メインの台座エレベーターが停車する場所から台座の頂上までは、車椅子対応のリフトが利用できます。像の内部の骨格構造を眺めることができる台座上部の内部は、車椅子でのアクセスが可能です。ただし、屋外の展望台とバルコニーは車椅子でのアクセスはできません。博物館1階のエリス島では、自由の女神の台座へのエレベーターが運行されています。

ペデスタルチケットを持っている場合はどうすればいいですか?

自宅でチケットを印刷し、どちらかの出発地に到着したら上映施設の列に進みます。

入園するには予約が必要ですか?

いいえ、リザーブチケットをお勧めしておりますが、当日販売の場合は、チケットブースへのウォークアップでのお渡しも可能です。当日販売やお電話でのお迎えの場合は、ご予約時間の30分前までにご到着されることをお勧めします。リザーブチケットは、特定の時間帯のために購入するものです。事前にご予約をしていただくことで、不必要な列に並ぶことを避けることができます。リザーブチケットをご利用いただくと、上映施設へ優先的にご入場いただけます。

クラウンに入場したり、ペデスタルを見学したりするには、クラウンまたはペデスタル/ミュージアムアクセスパスが必要です。ご予約の時間に空きがあれば、お渡しします。また、当日にPedestal/Museum Access Passをリクエストすることも可能で、空きがあればお渡しします。

リバティ島では他にどんなプログラムがありますか?

写真を撮るための風光明媚な景色がたくさんあり、ガイド付きツアーの機会もあります。リバティ島レンジャーツアーは、リバティ島の歴史や像について詳しく知ることができる無料の屋外ツアーです。

リバティ島のジュニア・レンジャー・プログラムは、両島の本に書かれた自分のペースで行われる活動です。ジュニア・レンジャーは終了時にジュニア・レンジャー・バッジを受け取ります。

自由の女神国定公園のオーディオツアーは、見学をより充実したものにしてくれるので、時間が限られている方には特に便利です。特別な子供向けツアーでは、動物のキャラクターがガイドを務めます。像とエリスの両方のツアーは、チケット購入ごとにご利用いただけます。

像に登って王冠に登ることはできますか?

はい、ただしクラウンへのアクセスは事前予約が必要です。重要:1世帯(またはカードホルダー)につき4枚のチケットのみご利用いただけます。チケットに記載されているお名前は、いつでも譲渡することはできません。チケットを受け取る際には、クレジットカードをお持ちの方が同席する必要があります。台座の上から王冠までの階段は162段あります。台座から王冠の台座まではエレベーターでのアクセスはできません。子供は身長が4フィート以上で、自分で階段を登れるようになっている必要があります。

フェリーのチケットについて質問がある場合、誰に問い合わせればいいですか?

前売り券、確認、フェリーのスケジュールについては、Statue Cruisesにお問い合わせください。電話 (201) 604-2800 またはメール [email protected]

自由の女神像はエリス島にあるのか?

いや、リバティ島とエリス島という別々の島があります。自由の女神はリバティ島にあります。