バゲージキャリー

エリス島を通過するための手続きは長く、乗客にとってはストレスの多いものでした。家族連れは蒸気船を出て、ビルのメインフロアにあるバゲージルームに入ります。乗客には番号入りのIDバッジが渡されました。カートやバッグ、必需品が入った宝箱などの持ち物は手荷物室の階に置かれ、乗客は合図に従って階段を上ったところにある登録室に行き、医療や法律の担当者による検査を受けます。警備員は一人一人に息切れや歩行力の低下、会話の困難さなどをチェックしていました。

 

健康評価

当時「グレートホール」としても知られていたレジストリールームは、長さ200フィート、幅102フィートの美しく広々としたエリアでした。この部屋では、乗客がこの国に入国できるか、元の国に戻されるかが告げられました。1903年から1914年の間に、目を患う「トラコーマ」という病気が流行していました。到着時にこの病気を持っている人がいた場合、彼らはしばしば元の国に送り返されました。目の検査だけでなく、乗客が肉体的に病気か精神的に病気かを判断するための「6秒チェック」も行われました。

 

法律上の手続き

身体検査が行われている同じ部屋では、法定検査も行われていました。どこで生まれたのか」「職業は何か」「結婚しているのか」など29の質問がありました。