アメリカの玄関口を探る

新世界への扉を開く

Before Ellis Island

エリス島がアメリカ最大の移民センターになる前は、毛皮の交易所や、新鮮な貝類やカキを採集するインディアンのための群れのステーションなど、多くの目的で利用されていました。1600年代に遡るアメリカ最大の移民センターの歴史をご紹介します。

旅の様子

母国を離れた何百万人ものヨーロッパ人にとって、アメリカへの旅は楽しいものではありませんでした。疲れた目と心配な心で、新しい土地への旅は楽しいものではありませんでした。この旅と、新しい未来とより良い明日のための奮闘について、もっと詳しく知りましょう。

到着

自由の国への2週間の船での旅は、特に2等か3等の乗客であれば、しばしば苦痛を伴うものでした。自由の女神像がある場所は、多くの人に希望と平和をもたらしました。船内の状況や、到着時の移民のためのシステムについての詳細をご覧ください。

手続きの流れ

自由の国への船を降りた後、多くの移民は、アメリカでの生活がどのようなものになるのか、恐れながらも希望を持っていました。移民が受け入れられる前に、多くの医療手続きや法的手続きが必要とされました。これらの手続きや、健康診断に合格しなかった人たちがどのようになったのかについての詳細をご紹介します。

島での生活

エリス島での体験は、医療や移民規制に失敗した一部の移民にとっては簡単なものではありませんでした。これらの移民は、1週間から3ヶ月の間、島のどこかに収容されていました。エリス島の建物と移民のための目的についての詳細をご覧ください。

アメリカンドリーム

アメリカに到着したことは、有望な未来のために祖国から逃げてきた何百万人もの移民にとって、とても大きな意味を持っていました。移民たちがニューヨークに到着した後、どこに旅をしたのか、その旅路について詳しく見ていきましょう。